読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

豆を年の数だけ食べるのは大変だ

暮らし

金曜日。国際協力コスモス会。今日はやっぱり「節分について」。

 

節分は季節の分け目を意味し、本来1年に4回あったのだけれど、新しい年を迎える節目でもあるためか、立春の前日の節分だけが残っているといういわれから始まった。

 

紙芝居を見てもらい、スーパーでこの時期にサービスで配られる鬼の面を見せて鬼について説明するうち、話は豊橋の奇祭「鬼祭」に飛び、なぜか遠野のカッパ(インドネシアのMさんが非常にカッパに興味があったようで、鬼が想像上の妖怪の一種ということから連想したらしい)にまで及んだ。

 

「鬼祭」についての去年のエントリ

yonnbaba.hatenablog.com

 

f:id:yonnbaba:20170203220051j:plain

紙芝居

 

f:id:yonnbaba:20170203220122j:plain

 

f:id:yonnbaba:20170203220157j:plain

今日もらってきた豆。一袋に25、6粒の豆が入っている。あら、ふた袋では私の年の数には足りない・・・。

 

 

鬼祭を紹介した動画。よろしかったらご覧ください。