読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

今日は割烹着!

昨日は新しく作る市民運動のグループの集まりがあり、悪目立ちしてもいけないと思い洋服で出かけたが、今日もまた着物を着た。これで元旦から5日目だ。今日は割烹着。

 

f:id:yonnbaba:20170106141617j:plain

 

この割烹着も母のもの。母は襟元がスッキリ開いているデザインを好んでいたので、これはいかにも母好み。それと、必ず白で、毎日着物で割烹着姿だった頃でも、決して柄物は身につけようとしなかった。でも、50代くらいからだろうか、さすがに母も洋服中心の生活になってしまい、いま私の手元に残っている割烹着はこれ一枚しかない。

 

着物は、母が若い頃に着ていた村山大島のアンサンブルだったもの。母も好きでよく着たらしく、ところどころ傷みがあり処分すると言うのを、絣や紬が好きだった私が、どうしても着たいと言って、傷んだ部分を避けて着物に仕立て直してもらった。だから生地自体はおそらく織られてから80年くらいになるのだろうし、私の着物に仕立て直してからでもすでに45年ほどになる。つくづく、着物ってすごいと思う。

 

 

f:id:yonnbaba:20170106142413j:plain

同じ着物を着た20代の私。1歳の長男を連れて原宿に遊びに行ったときのもの。子育て中でもたまに着物を着たりしていた。たしかこの時も、場所は明治神宮だけれど、特に正月だった訳ではなかったと思う。