読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

浮き世の(憂き世の)付き合い

先日の日曜日は月に一度の老人会の例会で、火曜日は週に一度のコグニサイズの日だった。実は日曜日に、老人会の会長と出席者の一人との間でちょっとしたいさかいがあった。火曜日、会長が、足の調子が悪いので・・・とコグニサイズの欠席を伝えてきた。なんでも気を回すとか裏を考えるとかいう発想のない私は、額面通りに聞いて「お大事に」と受けた。

 

昨日の夜、会長から「実はいさかいの相手(仮にAさんとする)と顔を合わせたくなかったので休んだ。あの人は色々と問題の多い人で、あの人がいるから老人会に出たくないという人も少なくない。辞めてもらうことにするから」と電話があった。

 

今朝は、そのAさんから「話を聞いて欲しい」と電話があった。私も地域の小学校の「見守り隊」の会議の折に、上部組織の会議でAさんの子供に対する接し方のことが問題になっていることを何回か聞いていたので、「会長はその件もあってよけいにカッとしたのではないか。尾ひれや背ひれのついた噂は無視するとしても、そもそものきっかけになった行為はAさんが間違っていたのだから、まだ謝ってないのなら、会長にご迷惑を掛けましたと謝ったほうがいいのでは?」と伝えた。その上で、同じ団地で顔をつきあわせて暮らしていくのだから、今後も仲良くやっていけるようとりなしてみるので、私に時間を下さいと言って電話を切った。

 

午後、老人会のメンバー5人でこの件について話し合ったのだけれど、私以外の4人が4人とも「Aさんはこれまでも問題が多く、しかも注意しても自分は間違ってないと思っているから謝りもしないし、反省も改善も見えない。あの人がいるから例会に出たくないと何人もの人が言っている」という。みな、Aさんとは長い付き合いの人たちだ。

 

老人会は去年の秋に発足して約一年。例会の出席者が減ってきたのは、内容に新味が乏しく楽しくないのだろうかと、ここ何か月か私は頭を悩ませていた。顔を見せなくなった何人かの人が、Aさんのために不愉快な思いをしたためだと今日初めて知った。

 

なんとか穏便に元のさやに収めたいと思っていたのだが、どうやら無理なようだと分かった。Aさんが謝罪してくれればいいのだけれど、どの人の意見を聞いてもそれは考えられないことらしい。あとは「会から抜けるよう通告する」という荒療治にAさんが反省して、今までは改めなかったという態度を、会に戻るために今度こそ改める努力を見せてくれるといいのだけれど・・・。

 

 

たった三十数人の小さな老人会でも、こんな問題が出てくる。人の世の付き合いはやはりやっかいだ。でも、今日の話し合いに参加した一人の男性は、今まであまり周囲との付き合いもなく少々暗い感じの人だったそうなのだが、老人会に入ってみんなと話すようになって明るくなった、人が変わったと他の人たちに言われ、本人も「一人暮らしで心細い所もあったのが、こうして付き合ってとても心強く感じている」と言っていた。

 

どんなにお金がいっぱいあって、豪邸に住んで毎日ごちそうを食べて暮らしていても、ひとりぼっちだったら幸せではない、人はやっぱり人と付き合う中で喜びも感じるんだよねという言葉に、みな大いに頷いていた。もちろん、そう考える人ばかりではないだろうけれど・・・。

 

ほんの一年余りの活動でこれだから、今後はもっとややこしいことも出てくるかもしれない。もともとこの世は「憂き世」で、だからこそ気楽に浮かれて暮らしたいという気持ちから「浮世」となったとか。「憂きこと」を「ウキウキすること」に変じることができたら・・・。神でも魔法使いでもない身には到底無理なことだけれど、これからもなんとか周りの人たちと知恵を出し合いながら、少しでも気持ちよく暮らすことを考えていきたい。

 

 

f:id:yonnbaba:20161116214058j:plain

寄り添って・・・。