読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

コグニサイズは笑顔の日

火曜日の午後は地域の老人会の「コグニサイズ教室」の日だ。月に2回は地域包括支援センターから指導者が来てくれて行うが、残りの週は自分たちだけで行う。

 

今日は指導者の来ない日だったけれど、それでも10人の仲間が集まって、ストレッチや有酸素運動そしてコグニサイズの運動を行った。始める前は、専門家が来るときはいいとしても、仲間だけでする日は参加者が少ないかもしれないと、言いだしっぺとしては少々心配だった。でも会長さんや顔の広い方が声を掛けて誘ってくれたりするお陰で、毎回10人前後は集まってくれて、賑やかに楽しく実施できている。

 

運動と認知症予防を兼ねたコグニサイズ運動は、足踏みしながらしりとりしたり引き算をしたりするのだけれど、結構間違えたり詰まって悩む人がいたりで、いつも大笑いになる。性格がとても明るくて場を和ませる方がいて、おどけたことを言って皆の爆笑を誘う。一人暮らしをしているとしゃべることもないが、笑うということもないので、この教室は私には貴重な「笑える場」だ。

 

今日参加した方たちに、センター指導の6か月間が終了した後はどうするか聞いたところ、どなたも楽しいし自分たちだけでも続けましょうという意見だった。喜んでいただけていることが確認できて、提案者としてとても嬉しかった。

 

明るく楽しく続けながら、みんなで少しでも元気に年を重ねていけたらいいなと思う。

 

コグニサイズの例

f:id:yonnbaba:20160906220034p:plain

ウェブサイトより

 

 

 

f:id:yonnbaba:20160906220430j:plain

あなたたちにもコグニサイズさせれば良かった・・・カナ?