読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

参院選後はじめての19日

今までなら、今日19日は「9.19を忘れない諦めない集会&パレード」の日だ。けれども豊橋スタンディングではこの集会への参加を「参院選まで」と決めていたので、今回は共催団体に名を連ねなかった。集会&パレード自体は他の団体が行うので、参加したい人は自由参加ということで、私はもともと今回は参加しないことにしていた。

 

 

先月具合の悪いドリームに会うために急きょ帰省した次男が、珍しく2か月連続で昨日帰ってきた。午後3時すぎに到着し、すぐに2人で飲み始め、夜中の3時過ぎまでノンストップで飲みかつ食べ、それに負けないくらいしゃべり続けた。

 

・・・と書くとものすごく飲んだように思われるだろうけれど、私の量は大したことはない。息子は結構飲んだようで、日付が変わったあたりからは話す口調が普段と違ってきた(一人称がワタクシになり、ですます調になった)し、話した内容も今日になると大分覚えていなかった。

 

青森時代の、息子はまだほんの3、4歳の頃家族でドライブしたことで、しかも今までの思い出話の時にもほとんど出なかったようなことを覚えていて、ただ、ちゃんとした地名が思い出せず、スマホで検索した痕跡に今日気付いて、自分でびっくりしていた。「オレ、こんなこと検索したの?」と。

 

明日は仕事なので帰宅があまり遅くならないように気を付けて(過去におしゃべりに夢中になって最終電車に乗り遅れたり、乗り遅れそうになったりの前科のある私たち)、早めに家を出て、近所の和食のお店で夕食をしてその足で帰ることにした。

 

夕方5時半頃にお店に到着し、8時頃タクシーを呼んで豊橋駅に向かったので、集会&パレードの時間はそのお店で息子と飲んだり食べたりの真っ最中。もし参加することにしていたとしても、今回はやっぱり不参加の定めだった。スピーチなど引き受けていなくて良かった。

 

一晩寝たら覚えていない酔った上の話でも、酔っているからこその本音かなと思う話も聞けて、興味深かった。今年は珍しくこれが3回目の帰省だけれど、親子だから何となくずっと一緒のような気がしているだけで、実際には子供が自立して家を離れると、案外顔を合わせる時間は多くないものだと思う。こうして仕事をやりくりして帰省してくれて、楽しくしゃべり会える時間は本当に貴重なものなのだと改めて思う。

 

 

f:id:yonnbaba:20160719221638j:plain

当時の家族ドライブのワンシーン