読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

4団体共催では最後の「6.19集会&パレード」はパレードなし!

社会のこと 暮らし

そもそも安保法案阻止のために始まったスタンディングが、残念ながら阻止できなくて1年間も続いてきた。そして安保法が国会で成立してしまった9.19を忘れず、何としても廃案に持ち込むためにも参院選までは・・・という思いで、4団体共催の毎月19日の集会&パレードを開催してきた。私たち豊橋スタンディングにとって、7月の参院選はずっと心のなかで節目として意識してきた。

 

それで、いちおう今回の集会&パレードで一旦共催からおりることになっている。来月以降も続けると言っている団体もあるので、個人的な参加はあるかも知れないが。

 

6月はちょうど19日が日曜日で、しかもメインストリートの広小路通りは歩行者天国を実施する日なので、集会を昼間の開催にし、パレードのコースを少し短く変更し、後半は歩行者天国に自由参加の形にして、各自プラカードを持ってねり歩こう!という計画だった。

 

ところが、あいにく午前中は少し明るさも見えたのに、ちょうど集会を始める頃から結構強く雨が降り出してしまった。パレードはなしにして、集会を15分延長して終わったので、天気も悪く人出も少ないかもしれないけれど、せっかくだから少しアピールして歩こうということになり、スーパーマンTシャツで参加した4人を中心に歩行者天国ウオーキングした。

 

通りにはズラッとお洒落な移動販売車が並び、テントもたくさん張られていて、思ったより賑わっていた。歩行者天国とはただ車の通行がシャットアウトされるものだとしか思っていなかったのだけれど、近頃の「ホコテン」とはこんなに洒落ていて楽しいものだったのかと認識を新たにした(新たにも何も、そもそもホコテンなるものに行ったことがないカモ)。

 

ちょうど雨も小降りになって、音楽が流れ、路上でダンスのパフォーマンスが始まった。見物客を参加させてEXILE風のダンスを即興でやったり、ムーンウオークをしたり、日本人もノリが良くなってみんなものおじもせず楽しそうに踊っていた。

 

そのあとはさっき見物客に踊りを指導していた人がマイケル・ジャクソンの扮装で再登場し、曲は「スリラー」になって、歩道からバラバラとたくさんのゾンビが現れた。中世風のドレスに金髪のかつらの女性も顔はグレーっぽい肌に血糊をいっぱいつけている。こどものゾンビも何人かいて、やはり中世のヨーロッパ風の衣装。にわか仕込みとは思えないそろったダンスだったので、どこかのダンス教室の人たちだったのかも知れない。

 

天気が良かったら、かなりにぎやかだったことだろう。たまたま集会&パレードと重なったから覗いたのだけれど、こんなことでもなければわざわざ歩行者天国に来ようなどとは思わない。でも案外楽しめたのだから、なんでも参加してみないと分からないものだ。

 

 

今日は沖縄の県民大会の日でもある。沖縄に心を寄せて、共産党の人たちは1時半から集会を開き、「沖縄を返せ」をはじめ反戦の歌などを歌っていた。こういうところは共産党の人たちは感心だと思う。そのわきで私たちスタンディングのメンバーは通常のスタンディングをした。

 

雨の中だったけれど、今日の集会には100名ほどが参加していた。

 

 

f:id:yonnbaba:20160619181426j:plain

おしりばかりでスミマセン・・・。

 

f:id:yonnbaba:20160619181512j:plain

集会前のスタンディング。