読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

選挙前の与党からのバラマキと弱者をくじく人

暮らし 社会のこと

先週か先々週あたりに通知が来ていたけれど、昨日襖屋さんに払うお金をおろすため、朝一番で近所のATMに行ったら、確かに19日付けで3万円が振り込まれていた。政府からのバラマキ金だ。

 

私としては別に不自由もなく暮らしているつもりだが、政府のくくりではまぎれもなく低所得高齢者だ。このお金を辞退したところで誰も喜ばないから、ありがたくいただいたうえで有効に使おうと思う。

 

 

今日スタンディングをしているとき、隣に立っていたKさんが話してくれた。知り合いのある男性が体が悪くて働くことができず、本当に生活に困っていた。ケイさんは役所に行って生活保護の相談をするように助言した。ところが相談窓口の担当者はけんもほろろな対応で、取り合ってくれなかった。

 

そこで、Kさんがつてをたどって役所のOBの人に頼み、その人につき添ってもらって再度足を運ぶと、スンナリと手続きは完了し生活保護をもらえることになったそうだ。

 

Kさんはスタンディングにいつもリュックを背負って来て、そのリュックを通路の中央の柱のもとに置き、プラカードを一枚そこに立てかける。そうして自分はまた別のプラカードを手に持ってスタンディングする。

 

ある日、駅周辺の管理を委託されている民間業者のガードマンがKさんの前に立ち、通路にモノを置くのはダメだから撤去するように注意したそうだ。それもかなり高圧的な態度と言い方で。Kさんは素直に従った。

 

あとでそのいきさつを知ったスタンディングの別のメンバーが、それはおかしいと抗議したのだそうだ。私たちがスタンディングしている駅前のデッキ通路は国道で、通る人の迷惑にならないように気を付ければ物を置いても構わないはずだと。確かに、今日も若い女性のストリートパフォーマーが大勢の観衆を集めて歌っていたが、かなりの荷物を下に置いてやっている最中に、二人組の警官(こちらは本物の)が通ったけれど、まるで気にもしていなかった。

 

抗議を受けた民間警備会社側はすぐ謝罪したそうだが、腹立たしいのは、明らかに規則を間違えたのではなく、言いやすい相手にだけ高圧的に出ている点である。Kさんは少し長めの髪に帽子をかぶりあごひげをたくわえ、いつも質素な身なりでおとなしそうな感じのする人だ。そして抗議を申し立てた人は元教員で弁も立つ人。Kさんがいつも背広姿でスタンディングしている人だったら、その警備員は同じことを言っただろうか。

 

 

こういう相手次第で態度の変わる卑怯さはみっともない。子供でも案外こうしたことは嗅ぎ取るもので、親でも学校の先生でも、こういう大人の言うことはきかないものだ。するとこの種の人はますます腹を立て、力で相手に言うことを聞かせようとする・・・。

 

アララ、なんだか〇〇内閣の話みたいになってしまった。

 

 

f:id:yonnbaba:20160521214213j:plain

弱い立場の国民を虐める政治家め、許さん!

悪を倒し、弱きを助けるスーパーマン

 

投票する あなたは誰かの スーパーマン!