読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

温かいお気持ちをありがたく戴く

暮らし

今日はやっとほぼ平熱になり、ずいぶん楽になった。まだ口の中は薄い膜がはっているようで、食欲はあるものの、食べようという気になるものには限りがある。面白いもので、体の具合が悪くなると嗜好に大きな変化が出る。それは普段大好きなパンもコーヒーも一切要求しなくなるという食べ物の面だけでなく、本も見たくない、パソコンは触りたくない、といった生活面でも起きるのが不思議だった。

 

日曜日に「食欲はある」と書いたのだけれど、いざ食べようとしたら味覚が全くおかしくなっていて食べられなかった。仕方なく冷凍庫に一個だけ残っていたリンゴのシャーベットをやっと半分食べて寝た。月曜日の朝は残りの半分を食べた。

 

昼にはご飯なら食べられるかなと炊いたのだけれど、いざ食べてみたら水加減を間違えたんだろうかと思うほどボソボソでまずくて驚いた。夕方にお握りにして食べたら、普通のご飯だったので、やはり水加減を間違えた訳ではないようだった。本当はお茶漬けが一番食べたい気分だったのだけれど、近頃圧倒的にご飯よりパン!になっていて、お茶漬けの素もなければ、こういう時に限って梅干しも切らしていたのだ。

 

まだ買い物に出る気にはなれないし、家の中にある食料は今の私には食指の動かないものばかり。ネットスーパーに頼めばと思うのだけれども、パソコンを開くのが気が重い・・・。で、火曜日も、なんとかご飯に味噌汁とかそうめんなどでやり過ごし、いよいよ今日はいい加減パソコンを開くか、買い物に出るかしなければ!と思っていたら、近所に住んでいてこのブログも読んでくださっている先輩から「今あなたのおうちのとこまで来ているんだけど何号室だったかしら?」と電話があった。

 

その前にも買い物などしますからねとメールも下さっていたのだけれど、なんと色とりどりの果物から野菜、飲み物、甘いものに至るまで、二つの袋を下げて来てくださったのだ。背中から後光が差しているようだったけれど、私はあまりにムサクルシイおのが姿を恥じて、またまだまだウイルスの感染力もある時期だろうという危惧もあり、十分なお礼も申しあげず、オロオロして大変申しわけなかったと悔やんでいる。

 

人生の先輩の長年の知恵と優しさの詰まった、食べやすくて滋養になりそうな品々を、早速ありがたくいただいた。栄養が思いやりの舟に乗って、体の隅々まで染み渡っていくようだった。

 

 

さて、パソコンの方であるが、メールの量が大変で、その大半はフェイスブック関連の通知だけれど、「はてな」からもみなさんのコメントを知らせるメールがたくさん届いていて、これもまた、ひとつひとつ大変ありがたく、この2日ばかり殺伐とした日を過ごしていた心をたっぷりと潤していただいた。まだ長い時間PC画面に向かっていられないので、今日はとりあえずここでまとめてお礼を申し上げ、これからぼつぼつと順次お返事を書いていく所存。皆様のブログの訪問も少しずつ・・・。

 

ベランダの花の水遣りに出てみたら、モッコウバラが咲き始め、ライラックハゴロモジャスミンもほころび始めていた。ああ、世界はこんなにも美しかったんだ!なんて、ちょっと大げさだけど、病気になるとどうしても気持ちが塞いでしまい、たったサッシ1枚隔てた外側に美しい花が咲いていることさえ思い出せなくなってしまう。

健康を取り戻せつつあることを、感謝します!!!

 

f:id:yonnbaba:20160413201605j:plain

ベランダから撮ったので逆光で、

ただでさえヘタな写真がさらに・・・で花たちには気の毒。

 

f:id:yonnbaba:20160413201836j:plain

ピンクのゼラニウム、伸びすぎるので切って、挿しておくとすぐついてしまうので、

我が家はだんだんピンクゼラニウムだらけになってきた。

 

 

f:id:yonnbaba:20160413202152j:plain

ドリームも2日間心細かったよね。「オカーサン」ちょっと来たかと思うとすぐまた寝室に行っちゃって、抱っこもまるでしてくれない・・・って。

今日の安心寝顔。