読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

政府の圧力と闘うジャーナリストたちを応援する

昨日豊橋スタンディングのフェイスブックページに、「今月の3日の全国統一行動を、今回は高市大臣の電波停止発言に抗議して声明を発表した、ジャーナリストの行動を応援するためのものにしませんか?」という提案が投稿された。

 

すぐに賛成する書き込みが入り(私ももちろんすぐ「超イイネ」で賛成)、急遽そのテーマで行うことになった。あまりにも急で日にちがないため、全国のスタンディングの会に呼びかけることは諦めて、私たちだけですることにした。

 

そして今朝早くグループの”言いだしっぺ”から電話があり、今日は授業がたくさん入っていて忙しく、メディアへの告知をする時間がないというので代わりに私が行った。我が家は何年か前に電話機を取り替えるとき、もうファックスの必要も感じなかったのでファックス兼用機はやめて、小さくておしゃれな電話機にしてしまった。

 

それで今日市内の新聞5社にプレスリリースを流すのにコンビニを利用したのだけれど、初めてのことでしばし機械とにらめっこ。3社は話し中でやり直さなければならず、あとに付いている人がいたのでいったん終了し、もう一度並び直してなんとか無事全社に送信した。

 

けれども、ひと送信50円という値段には驚いた。ずいぶん暴利をむさぼっているなあと思うけれど、1年に何回使うか分からない(いや廃止にする前の我が家では、数年に一度という状態だった)ファックス機を買うことを思えば、仕方ないのかなとも思う。

 

メディアの応援をする行動なのだから、ぜひたくさんの新聞社が取り上げてくれることを期待する。とりわけ地元で一番読まれている中日新聞には、なぜか今まで一度もスタンディングのことを取り上げてもらえないのだけれど、なんとか今度は掲載してもらいたいと願っている。東京新聞は随分安保法制などと闘って頑張っている気がするのに、名古屋の中日新聞はなにか地域的な特別な事情でもあるのだろうか。

 

いつも熱心に取材に来てくださる毎日新聞の記者さんからは、早速取材に行くと連絡が入ったようだ。

 

***新聞各社に送ったプレスリリース***

     権力に屈さぬ報道を応援するスタンディングの実施

 

日頃は地域のための報道活動ありがとうございます。

私たちのグループは毎日の駅前スタンディング、毎月19日の全国一斉行動の集会&パレード、澤地久枝氏の呼びかけによる毎月3日の「アベ政治を許さない」全国一斉抗議のほか、その時々に応じた企画を立て、安保関連法の廃止を求め、日本に民主主義を取り戻すための活動を行ってきました。これまで度々メディアにも取り上げていただき、ありがたく存じております。

 さて、先日ジャーナリストの方々が、高市大臣の放送法に関する発言に対して抗議の記者会見を開きました。私たちは、全面的にこの声明を支持し、権力に屈しないジャーナリズムを全力で応援したいと思います。

 そこで、大変急ではありますが明日の毎月3日の抗議行動は、テーマをこれまでの「アベ政治を許さない」に替えて、「メディアを殺さないで」にして行うことにいたしました。参加者が一斉にこのプラカードを掲げて駅前に立ちます。

つきましては、ぜひこの行動を記事にしていただき、大きな後押しをお願いいたしたいと存じます。ご多忙のところ恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

 

  

実施日時  3月3日(木) 13:00より30分間のスタンディング

場所    豊橋駅東口広場

主催    市民グループ豊橋スタンディング

 

 

出来上がってきたプラカード。書いてくださったのはスタンディングのメンバー。

「メディア」が「マスコミ」に変わりました。

 

f:id:yonnbaba:20160302193923j:plain

もっと柔らかい表現にしようかという意見もあったが、1日限りのスポットの活動なので、かえってとがった言葉の方がインパクトがあって良いということにまとまった。