よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

「PEACE展」の搬入でした

いよいよ週明け火曜日(月曜日は会場の画廊がお休み)から豊橋スタンディングの「PEACE展」が始まる。今日はその搬入日だった。

 

f:id:yonnbaba:20160214205901j:plain

手が足りないかと思ってタクシーまで使って行ったのだけれど、とても大勢の人が集まった。プロの絵描きさんも参加しているので、その仲間が大勢で来て実に手際よく展示作業を進めていく。私などの素人は素敵な作品の数々を眺めたり、めったに見られない搬入、展示作業を見物するばかりといった感じだ。

 

f:id:yonnbaba:20160214210247j:plain

 

 

f:id:yonnbaba:20160214210326j:plain

これは一番の大作、100人の平和のキルト。20センチ四方のキルトを一人一人が作り、それをTさんが配色を考えながらつなげ、キルトに仕上げた。すごい存在感。

 

f:id:yonnbaba:20160214210615j:plain

 

f:id:yonnbaba:20160214210649j:plain

部分のアップ。去年の安保法案反対の国会前のデモの写真が縫い付けられている。他にも可愛いもの、工夫に富んだものなど、一人一人の個性が発揮されていて楽しい。

 

f:id:yonnbaba:20160214210910j:plain

作品展の挨拶文。下方の写真は”言いだしっぺ”が2000年にオノ・ヨーコ氏からいただいた葉書。今回の安保法制反対の活動に関しても、なにかしら協力をいただけないか模索中。

 

 

このようなわけで、会場で見学しているのも楽しかったのだけれど、スタンディングの6時も近づき、ここに大勢集まっているより駅に行ってスタンディングしようということになって、Iさんの車で私を含む4人は豊橋駅へ移動した。

 

今日のスタンディングは私たち4人のほかは男性が1人だけで計5人のみ。でも今日もおかめさんのIさんと署名集めは私というコンビで6人の方に署名をいただいた。あいにく署名用紙の補充がなく、ここで打ち切らざるを得なくて残念だった。用紙の持ち合わせがない時に限って好調に集まる、人生はとかく皮肉なものだ。

 

バリバリ搬入作業をしようとジャージの上下に運動靴で行ったのに、ほとんど作業らしい作業もしなかったが、素晴らしい作品の数々を垣間見て、来週からのPEACE展がますます楽しみになった。

 

お近くの方はどうぞ覗いてみてください。会場は蔵を改造したなかなか素敵な所です。

 

f:id:yonnbaba:20160214212330j:plain

 

f:id:yonnbaba:20160214212357j:plain

季節にはクレマチスのお庭も楽しめるようですが、今はもちろんそれは無理。

でもケーキセットや冬季はぜんざいセットなどもあるようです。