よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

花見の宴が始まりました

姉が彼岸の墓参りに来たいと言っていたので、先週から連絡を待っていた。ところが足の調子がどうも芳しくないようで、先日、今回は無理そうだと電話があり、今日ひとりで出かけた。



先月はまだ冬眠中で影も形もなかった亀さんが、
今日はノンビ〜リ甲羅干し(豆粒みたいでゴメンナサイですが、親子?です)


柳生川土手の桜はまだまだ・・・


一分咲きといったところ?


普段はこんな水量なのに、ちょっと集中して雨が降ると、
案外あっけなく氾濫する問題の箇所


画面左はじ、写っていない部分に屋台が並んでいる
午前中なのでシートで場所取りしているところが多いが、
なかにはもう宴会を始めているツワモノも・・・
花は三分咲きくらいかな?
今日明日と暖かいと一気に開きそう
来週末はもう遅すぎになるかも知れない
桜って・・・ホントたいへん


霊園の中の方が条件がいいのか公園よりは開花が進んでいた。



へたっぴいな写真を並べ、あいすみませぬ・・・


今日はまさに花見日和。明日はもうお天気下り坂らしい。

ああ、世の中に桜なんてなければ・・・。こんなことまで言われる花って、やっぱり桜以外考えられません!


それにしても開花宣言とか、満開はいつとか、お天気コーナーのお兄さんお姉さんのご託宣は必要なのでしょうか。