よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

さすが桑田さん!

物心ついた頃から大晦日だけは夜更かしが許されたので、紅白歌合戦を見て、ゆく年くる年の初めあたりを見て、日付が変わってから寝ていたように思います。だから、昨夜は50何年ぶりに通常の時間に寝てしまいました。一人の年越しでもよくカウントダウンで新年ぴったりにクラシックの曲の演奏を終える、という番組を見たりしていたのですけれど・・・。



そして、喪中のお正月の朝を迎えました。いつも通りに、にばばの猫のドリームが5時頃起こしてくれました。まだ外は闇の中。

ニュースをチェックすると紅白でのサザンオールスターズの記事が目に留まりました。『ピースとハイライト』で時代批判をなさったとか。さすが桑田さんです。影響力のある立場にいる人は、それぞれ自分の場所でできることをしてほしいものです。

ギリギリまで出演がはっきりしなかったのは、そのあたりでNHKともめていたのでしょうか。目玉の欲しいNHKが妥協し、出演となったのか・・・などと思わせます。ま、なんにしてもまだまだ影響力、拡散力のある紅白歌合戦で、あのような曲が歌われたことは喜ばしいことです。



みなさんよくご存じなのでしょうけれど、紹介サイトからお借りしてきました。
安倍首相はじめ政府首脳の方々には、ぜひ味わって聞いていただきたい歌詞です。

http://www.uta-net.com/movie/150317/


新しい年に、一つでも戦火が収まることを祈ります。
そしてここを訪ねてくださる方々にとっても、幸多い一年でありますよう。
本年もよろしくお願いいたします。