よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ちょっと寂しかった話

今日は金曜日、国際協力コスモス会の集まりの日・・・と思いいつもの場所に出かけた。ところが1階ホールの部屋別の予定表示板に「コスモス会」の表示がない。おかしいなあ、係りの人が書き忘れたのだろうか、と思いながらいつもよく使う3階の部屋に行ってみる。が、やはり誰も来ている様子がない。今日は私が家を出るのが少し遅かったので、定刻を数分過ぎているのに誰もいないのはおかしい。

 

で、メンバーの一人に電話をしてみた。すると、「ごめんなさい!お伝えするのを忘れていたわ、出席できる人がいなかったので今週はお休みにしたの」とひどく恐縮なさった。先週私は欠席したので知らなかった。そのあと別の集まりでこの方とはお会いしたのだけれど、うっかり伝えるのをお忘れになったのだろう。べつにウオーキングだったと思えば何でもない。

 

ついでにすぐ目の前の緑地公園を少し散歩していくことにした。

 

f:id:yonnbaba:20151113141815j:plain

以前、孫とよくザリガニ釣りをした池。今年は夏になっても水が引かれなかったのだそうだ。大きな魚もいたのに、生きものたちはどうなったのだろう。

 

f:id:yonnbaba:20151113142038j:plain

肉眼で見ると結構紅葉しているのだが、写真になるとあまり色が出ない。

 

f:id:yonnbaba:20151113142152j:plain

絶え間なくハラハラと落ち葉が散る。散り敷いた葉と散り落ちる葉をとらえたかったのだけれど、空中を舞う葉をキャッチするのはとても私には無理だった。

 

 

このところ午前午後のおやつを我慢して1キロほどの減量に成功したが、ええい、今日は秋景色を眺めながらケーキを食べちゃおう!と思い、公園のそばの野菜のケーキ屋さんに寄ることにする。

 

ところが、ケーキ屋さん、廃業してしまっていた!6月末で店じまいとの貼り紙。なんともう4か月以上たっている。全然知らなかった。以前ここで営業していたミルリトンというケーキ屋さんは、あっという間に、中世ヨーロッパの建物のような素敵な自社ビルを建てて引っ越した。そのあと入ったケーキ屋さんはすぐつぶれ、たぶんそのあとに入ったのが、この野菜のケーキ屋さんだったと思う。

 

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

 

 

同じ場所で同じケーキ屋さんをしても、大成功を収める店もあれば、うまくいかない店もある。商売って大変だなと思う。

 

それにしても、ケーキも食べそこなってしまった。これは神様が「せっかく少しダイエットできたのだから食べちゃいけません」と仰っているのかしら。明日は法事のあとみんなでごちそう食べることだし・・・。

 

リバウンドも辞さない決心をしたのにはぐらかされてしまったので、そのあと買い物をして帰ったのだが、おやつは買わずに我慢した。

 

 

マリー・ローランサンによれば「忘れられた女」は、「退屈な女」より「悲しい女」より「不幸な女」より「病気の女」より「捨てられた女」より「よるべない女」より「追われた女」より「死んだ女」より、いちばん哀れな女だそうだ。集まりが中止になったことの連絡を忘れられた私は・・・。でもこの場合の「忘れられた」は男性に、だろう。

 

でも、忘れられた私と、つぶれたケーキ屋さん。ちょっと寂しいお話・・・。

 

 

な~~んてね!全然だいじょうぶです。

 

f:id:yonnbaba:20151113145459j:plain

秋になって抜け毛が減ったので、もうこんなヘアボール簡単にはできません。

今度はみかんでものっけてみようかニャー?   by ドリーム