よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

お墓のお掃除、草取り  追記アリ

お婆さんネコが具合が悪かったため、丸二日間私も外出せずネコたちとひたすらグウタラしていた。ドリームはまだなんとなく普段通りとまでは言えない気がするけれど、それでも食欲も出て来たし、テーブルに飛び乗ったり飛び降りたりの動きも出て来たので、今日は大急ぎでお墓の掃除(主に草取り)に行った。

 

日中ではあまりに暑すぎて辛いので、夕方に行って帰りに駅前経由でサイレントスタンディングに参加するというスケジュールを立てた。

 

お墓に着いたのは5時近くだったと思うが、それでも草を刈っていると汗がしたたり落ちるほどだった。お隣と後ろの区画に利用者ができるといいのだけれど、全作業時間の9割は隣や後ろの部分にかかっている。うちの墓の区画が広ければ気にならないのだろうが、移転した当時はすでに空いた区画があまりなく、小さな区画しかなかった。今となれば小ぢんまりした墓で丁度良かったのかも知れないという気もする。あとは隣と後ろが埋まってくれさえすれば・・・。

 

 

そして中二日空けてのサイレントスタンディングをして、大急ぎで家に帰る。まず一番に2匹のお婆さんネコのお腹が上下しているかを確認した。OK。でも、私が帰宅しても玄関におねだりに来ない時点で、やはりドリームはまだ本調子ではない。明日の夕方から息子一家が来るが、果たしてそれが彼女にとってはいいことなのか負担なのか。たぶん、正直なところは、負担・・・かも知れないな。でも必ず人の目はあるから、その点だけは安心だ。

 

この間の土曜日の夜は、息子たちがドリームに会えないかも知れないと心配したが、とりあえずそんなことにならなくて良かった。

 

 

f:id:yonnbaba:20150811220117j:plain

これは元気な時のドリーム。

具合が悪いとチュッチュもしません。

これは母猫のおっぱいを飲むことの代替行為なのだから、

食欲がなければ当然しないわけですよね。

 

《追記》

ゆうべ、寝る時に私のところにドリームが来て、私の指をチュッチュし始めました。

まるで「オカーサン、心配しないで。ほら、あたしチュッチュもするよ!」とばかりに・・・。

このブログを読んだのかしら?