読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

「不偏不党」のNHKよりのお返事ともろもろ

あまりにも偏りが激しく、見ても正しい情報が収集できなくなってしまった公共放送のニュース番組が腹立たしく、このままでは受信料を払えない旨のメールを送った。そうしたら以下のような返事が来た。

 

 

いつもNHKの番組やニュースをご視聴いただき、ありがとうございます。
お問い合わせの件についてご連絡いたします。

NHKでは、放送にあたっては国内番組基準を設け、この中で全国民の基盤に立つ公共放送の機関として、何人からも干渉されず、不偏不党の立場を守って、放送による言論と表現の自由を確保し、豊かでよい放送を行うことを明記しています。
この基準に基づいて、報道の担当責任者が具体的な対応を判断して、ニュースおよびニュース番組を制作しています。

ニュースの内容の取り上げ方につきましては、視聴者の皆さまからの様々なご意見がありますことは承知しておりますが、それぞれの方で考えはまちまちです。

NHKでは、お伝えするニュース項目の選択や順番は、さまざまな要素を総合的に判断して決めています。
幅広い方々に視聴していただいていますので、内容の緊急度や重要度、視聴者の関心の度合いや広がりといった要素はもとより、深刻なニュースと明るいニュースのバランスなど、順番については様々な要素を勘案しています。
また、お伝えする時間も限られていることもあり、放送時間内に何を柱に立ててお伝えするのか担当者で検討を行うほか、取材の段階においても取材担当者が焦点を絞るなど、取材方針を決めて臨んでいます。

NHKのニュースの内容、構成は、まさにNHKの編集権に関わることですから、NHKの報道編集責任者が決めています。

放送受信料についてですが、放送法第64条第1項において、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」と定められています。
また、放送法第64条第3項において、「協会は、第1項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。」とされており、これに基づき、総務大臣の認可を得て「日本放送協会放送受信規約」を定めています。

その「日本放送協会放送受信規約」の第5条において、「放送受信契約者は、……(中略)……放送受信料を支払わなければならない。」と定められています。
申し訳ございませんが、個々のお客様にスクランブルはおかけしていません。


 まあ、型通りの面白くもなんともない回答で、雛形通りなのだろうが、最後のスクランブル云々・・・だけは、こちらの要望に対して個別にくっつけたものと見える。

 

こんな返事が来るのは分かっていた。ただここも抗議の電話やメールが大量に届けば、少しは考えざるを得なくなるかなという微かな期待で出したまでのこと。少しでも可能性のあること、自分にできることはしなければ・・・のひとつ。

 

街頭でマイクを持って、安倍政権に対する抗議を語る若者たちの動画をYouTubeで見ると、みなしっかりしていて適切な言葉できちんと話していて感心する。サイレントスタンディングでの署名でも、呼びかけに立ち止って話を聞き、署名してくれているのはほとんど中高校生や若い人だ。

 

以前から私は若い人の方が希望が持てる、いい年をした大人の方が問題だと言って来たけれど、今回の安倍政権に対する抗議活動でもそのことを強く感じる。こんなに真剣に考え、行動している若い人たちに、夢の持てる未来を残す努力をしなければ、大人としてあまりにも情けない。

 

戦争や徴兵制に反対することも大切だけれど、それ以前に、偏りのない報道で正しく考える材料が与えられ、個人の尊厳が守られ、憲法を尊重する民主主義によって政治が行われてほしい。党派とかイデオロギーの問題以前に、「戦争嫌だ、徴兵制嫌だ」と言った若者が、「自分中心で極端に利己的だ」などと権力の側にいる人間に叩かれてしまう社会を認めてしまっていいのか。(なんとか議員の発言だけでなく、自民党憲法草案を読むと、かなり個人を軽視する傾向が感じられる)

 

権力のこんな横暴を通してしまう世の中は本当に恐ろしい。

 

 

今日は午後ピアノの稽古。またそのまま時間つぶしをしてスタンディングへ。おかげでキンドル版『昭和史ー戦後篇ー』を読了。

 

サイレントスタンディングは8月になって急に寂しくなってしまった。暑さもあるかもしれないが、それ以上にたぶんお子さんやお孫さんの帰郷かなと思う。私も来週は孫が来るので、何日か休まなければいけない。今日もやっと10人というところで、少なくてもいいからとにかく途切れさせないで続けましょうと励まし合った。

 

帰り道、昨日と同じ時間の電車だったのに、昨日はまだ強い西日に焼かれつつたどった駅からの道が、今日はきれいな夕焼けになっていた。連日各地の信じられないような気温が報道されているけれど、やはり季節は確実に進んでいる。

 

安倍政権の落日も近いに違いない。

 

f:id:yonnbaba:20150805200654j:plain