よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ほんとにほんとのサイレントスタンディング

お盆休みの加減があるため、先週に続いて今日も古文書の講座があった。ランチをとってもう一つ用事を済ませて、でもさすがにそのまま夕方まで時間をつぶすのは辛いのでいったん家に帰った。

 

午後2時過ぎの時間帯に道路を歩くのは、とても大変だった。大股に歩くと左足が痛むので小さな歩幅でゆっくり歩く。するともうフライパンで焼かれるウインナの気分だ。汗びっしょりで帰宅。

 

おばあさん猫たちの世話をし、あとは一緒になってひたすらのんびり・・・。くいしんぼ猫さんに夕ご飯をやって、再び電車に乗って駅前のペデストリアンデッキへ行く。昨日はせっかくユネスコのOさんが声をかけてくださったのに、私は暑さにだれていて失礼してしまった。今日は何とか頑張って参加したい。

 

6時少し前に着くとすでに何人かは立っていた。名前までは分からないけれど顔見知り、という人もチラホラ。ネットから印刷した「アベ政治を許さない」のポスターをバッグから取り出し掲げる。

 

先週の金曜日は涼やかな風が吹いてきてあまり暑さを感じなかったけれど、今日は風もなくとても暑かった。じっと立っているだけなのに、時々汗を拭かなければならなかった。ほかの参加者の方が「昨日はとても通行人の反応が良かった」と仰っていたが、今日は残念ながらあまり関心が高いという感じはなかった。

 

それでもたった30分の間に何人かは署名してくださっていたし、始めのうち高齢者ばかりだったのが途中から若い人もスタンディングに加わっていたのが嬉しかった。

 

30分はあっけなく終わり、「じゃまた明日」と子供のころ遊び仲間と夕ご飯で別れる時のようにあっさりと散会。これは本当に気軽に参加できて、おしゃれな活動だ。

 

あさっての金曜日は「スペシャル」な企画で、リレートークと歌だそうだ。終わってから飲み会も予定されているらしい。「戦争と平和について語りましょう」だって。う~ん、いつも通りでもいいのに・・・。でもこういう方がより多くの人には魅力があるのだろうか。どんな雰囲気か、いちおう集会のほうは出てみようと思うけれど。

 

 

f:id:yonnbaba:20150729202643j:plain

暑いのにそばに寄ってこられて迷惑そうなオーガスト

捨てられっ子のドリームはとにかく人(ネコ)恋しい・・・。