読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

アメリカの「はなれ」の火事を日本の消防士が消す

夕方のフジのニュースに安倍首相が出て、「愚かな国民にも分かり易いだろう」と彼が考えているお得意のたとえ話で安保法制について説明していた。アメリカの火事の話と戸締りの話。

 

支持率が急落していなければ出演しなかったであろう、結構アウェイ感の雰囲気の強い番組だった。もう少しこういう状態が続くと、あの人は多分病気になるんじゃないかという気がする。笑顔を作っていたけど、なんだか内心は失礼な(と首相は感じていたであろう)アナウンサーへの怒りで、プルプルしていそうな風に見えた。

 

順風満帆な中、イエスマンに囲まれていないと落ち着いた精神状態でいられない人なのだろうなと思う。典型的な我儘坊ちゃん・・・。それでは民主主義の国の総裁は無理だ。やっぱり選択肢は独裁しかなくなることだろう。結構正直に感情が出ちゃう人なので、あまりテレビに出るのは得策ではないかもしれない。

 

こういう人をトップにいただいていることは、国民として本当に恥ずかしい。