よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

笑顔で終わりました!

映画「スーパーローカルヒーロー」自主上映会@豊橋、無事終了致しました!気分が悪くなられたお客様が出てしまいましたが、その他は機器のトラブルもなく、曇り空ながら雨は落ちず、当日券も何枚か出て、多めに並べた椅子が足りなくなりそうなほどでした。すったもんだした画面も、大迫力の大きさで見ていただくことができました。

 

そして、そして、大変なサプライズ

 

劇場の喫茶でランチを取っていると、「お花の届け物です」と劇場の人と配達の方が・・・。いぶかしく思いながら受け取って、どなたからかしらと思って送り主の名前を見ても知らない男性の名前です。??? でも住所を見てピンときました。

 

な、なんと、SPYBOYさんからです。

 

f:id:yonnbaba:20150702192744j:plain

綺麗なプリザーブドフラワー、すぐ受付に飾りました。

会場では写真を撮ることをすっかり忘れていたので、帰って来てから家で撮ったものですが。

 

f:id:yonnbaba:20150702193420j:plain

東京の方はやっぱりなさることがお洒落ですね。殿方からお花をいただくなんて、20年ぶりくらいです。

 

やがて開場になって、次々友人やらそのお友達やらがいらっしゃいます。遠方から来てくれて久しぶりに会う友もいます。ブログで知り合ったえむこさんもお友達と来てくださいました。もう私は感謝と嬉しさで涙腺が決壊しそうでした。

 

上映の前にお願いと簡単にお礼の言葉を述べさていただいたのですが、クールにしたいと思っていたのに、ちょっぴり声が上ずってしまったかもしれません。いっぱいいっぱい応援し、協力してくれた人たちがいて、そして思っていた以上にたくさんの方が足を運んでくださって、自分はなんて幸福者なんだ・・・と、有難くてたまらない気持ちでした。

 

ブログを読んで、いっしょに心配したり励ましたりしてくださった方々にも心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。本当にみなさまありがとうございました!

 

この「スーパーローカルヒーロー」という映画は「ノブエさん」という自分そっちのけで人のために奔走するおじさんの日常を追ったドキュメンタリーです。彼のようなスーパーぶりは無理でも、誰でも自分のいる場所で、自分にできることを、その気になりさえすれば始められるんだということに気付かせてくれます。

 

そしてノブエさんは親との縁も薄く現在もご家族はなさそうですが、人のために動き回るうち自然に周りに人が集まって、とても豊かで楽しそうな日々を送っています。映画には3.11によって生活を、家族を、大きく揺さぶられる人たちも出てきます。人生は理不尽な不幸や困難にも満ちていますが、人と人が繋がることで助けられることも少なくありません。

 

新幹線の事件の男性のような生き方もあれば、ノブエさんのような生き方もある。どこで分かれていくのか、どうすれば孤独でいる人を人の輪の中に取り込んでいけるのか・・・。今日、もう何度目かの画面を見ながら、あらためて考えさせられました。