読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

はてなのトラブル対応とJRの対応

昨日から写真をアップしたくても、取り込む場所を探す「参照」ボタンも、アップロードする「投稿」ボタンも表示されない状態で困っていた。トラブルの連絡のメールが来るかと思いメールをチェックするが、全然ない。もしやはてなのホームページに障害情報があるかと思って見てみるが4月下旬で情報は止まっていた。

 

この分では今夜も解消されないかもしれないと思い、はてなにメールを送った。朝6時過ぎにメールを送信、そうして夕方6時前に解決した旨のメールが来た。

 

はてなブログに関するお問い合わせにつきまして、写真をアップロードするためのボタンが消えてしまっていたとのことお困りであったかと存じます。

確認を行わせていただきましたところ、ブラウザとして「Internet Explorer」を利用なさっている場合に不具合が発生する状況となっておりましたので、弊社側で修正対応を行わせていただきました。


詳細な情報をご連絡いただきまして誠にありがとうございました。
現在は正常にご利用いただけるかと存じますので、恐れ入りますが今一度
表示内容のご確認を行っていただけますと幸いです。

この度はご不便、ご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。
現在もご不明な点、お困りの点などございましたらご連絡ください。

 

これがそのメールの主文。 で、確認したところ確かにトラブルは解決されていた。

 

まあまあ適切な対応と言えるけれども、Internet Explorerを使っている人はかなり多いはずだ。それなのにどこからもトラブルの苦情や連絡はなかったのだろうか。私が連絡してからでも約12時間ほどあったわけだが、まったくこれに関する情報はなかったように思う。無料のサービスを使っているのだから、少々不便があっても仕方ないのか。

 

事情が分からない状態というのは不安なものだ。せめて「現在こういう事態が発生しています」という通知はできないものだろうか。はてなは、随分さまざまなことがまめに通知されるけれど・・・。自分にとって不利な情報をいかに素早く表に出すかは、信頼を得る非常に大切な要素だと思う。

 

 

今日は東海道新幹線で大変な事件が起きた。巻き込まれて亡くなった方や怪我をなさった方々は本当にとんだ災難で、お気の毒でならない。乗り合わせた他の乗客も長時間電気が消え空調も止まった列車内に閉じ込められ大変だったことと思う。しかも事故のあった車両から離れたところにいた方たちは何が起きているのか全然わからなかったと言う。「急ブレーキをかけます」以降何の説明もなかったのだそうだ。

 

人間は先のめどがついていれば比較的我慢できることでも、訳も分からず終わりも見えないまま我慢したり待ったりすることは非常に辛く感じる。まして今日のような状況では、最悪の場合命に関わる危険が発生する不安も頭をもたげるだろうし、さぞ心細かったことだろう。

 

原因や対策が不明でも、とりあえず現在の状況を乗客に知らせる手段はなかったのだろうか。今まで50年間安全だったから今後も大丈夫という保証はない。なにしろ日本はテロ集団の標的の国にもなってしまったのだ。来年のサミット、5年後のオリンピックもあることだし、JRも急ぎ緊急時の対策を考えなければならないことだろう。

 

まずはこうした事態が起きるのを防ぐ対策だが、起きてしまった時、情報をどう伝えるかも研究する必要がある。情報がないのも不安だけれど、伝え方によってはパニックを引き起こしてしまう恐れがある。

 

今回の事件を起こした人物は71歳の男性と報道されている。今までの常識では十分すぎるほど分別のあるはずの年齢だ。どのような訳があってこのように人騒がせな手段に出たのか・・・。

 

そしてそれ以上に思うのは、この間の首相官邸屋上のドローン着陸といい今日の新幹線といい、悪意を持った人間にかかればいとも簡単に悲惨極まりないテロが引き起こされてしまうという恐怖だ。だからといってどこにも出かけないで生きていく訳にもいかない。しみじみ健全な社会というのは、人間同士の暗黙の信頼の上に初めて成り立つものだと思う。

 

人も社会も、だいぶ病んでしまったようだ。

 

f:id:yonnbaba:20150630183859j:plain

気難し屋のネコ様、十分抱っこされてご満足。

同居人を信頼しきって熟睡です。