よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

髪をなんとかしたい!

3月の半ばにカットした髪が伸びて、この何週間か気になっている。映画会のことがなんとか落ち着いたからか、昨日今日もう無性になんとかしたくてたまらなくなった。

 

若い頃から美容院というのがあまり好きでなく、思った通りになったとか、仕上がりが気に入ったということがほとんどない。ただでさえ1年に1回行くかどうかという頻度で覚えてもらいにくいうえ、同じ所に続けていくことも少ないので、ますます意思の疎通がうまくいかないのだろう。

 

そんな訳で、あまりパーマをかけないロングヘアでいることが多かった。飽きてイメージチェンジしたくなるとセミロングくらいにしてパーマをかける。そしてまた何年も美容院に行かず、自然に長くなりパーマもとれるに任せる・・・というような繰り返し。長い髪は自分でカールさせたり、束ねたりと、いろいろごまかしがつけられるので、美容院嫌いでもなんとかなっていた。

 

ところが年齢を重ねると、肌ばかりではなく髪も老化し傷んでくる。若い頃髪だけはサラサラで綺麗ねと結構褒めてもらえたのだけれど、その髪も傷んだ状態で長くしているのは、見苦しいものをお見せして人さまに悪いかなと気がひけるようになった。長い髪の方が好きなのだけれど、この何年かはショートにしている。

 

定期的に美容院に行く人と違って、私は我慢できるだけ我慢して、いよいよ気になって堪らなくなると行く、というふうなので、行きたいとなると待ったが難しい。だから予約制なるものも苦手だ。それでこのところもっぱら、待たせないことが売りで安い所に行っていた。値段の高い所に行っても仕上がりに満足したことがないので、安い所でも十分と思っていた。

 

でも、前回3月の時、多分やっとカットをさせてもらえるようになったばかりと思われる若い男の子に当たり、あまりにもひどかったので、もうそこに行く気がしなくなった。

 

さて今度はどこに行こう・・・と考えて、近くに小っちゃな美容院があることを思い出した。そこならたぶん一人でやっているだろうから、行く度違う人になるということがない。そして開店してからもう5年以上たっていると思うので、それなりに顧客満足度も高いのではないかと思われる。予約制だけど、ま、これは我慢することにする。

 

以上のような実にいい加減な独断的見地から、その近所の小さな美容院に予約を入れた。果たしてうまく思いを伝え、気に入る髪型にしてもらえるだろうか。

 

顔を替えろ?そうですね、それができれば一番なのですが・・・。

 

f:id:yonnbaba:20150625205534j:plain

こんな風になれば白髪のままでも素敵なのですが、私の髪はハリやボリュームがないのです。グスン。

http://www.miyo.co.jp/blog/2009/10/11-4/ このサイトからお借りしました。