よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

家族の時間

皆さんに励ましていただいたおかげで、普段の私で息子一家を迎えることができました。たった一晩だけでしたが、いっぱい飲んで食べておしゃべりしました。中学二年生になった孫もそろそろ話に加われるかなと思ったのですが、ほとんどゲームをしていました。「選挙権が18歳からになったのだから、もうあと4年で投票できるようになるのよ。ぼつぼつ大人の話に入って一緒に話そうよ」と言っておきました。さて次回はどうなるでしょう。

 

今回は安保問題や自衛隊集団的自衛権のことなどについて、息子の考えを聞くことができてとても参考になりました。情緒に流されやすい私と違って、3歳ころからはっきりしていたほど超の付く理系頭の息子の理路整然とした意見には、耳を傾けさせる説得力があり、物事を様々な角度から見る重要さを改めて考えさせられています。

 

土曜日の4時前に到着して、日曜日の3時過ぎには発っていったので、ほぼ24時間の滞在。一人で無職の気楽な私と違い、仕事や学校のある彼ら3人は今週はきついのではないかと心配です。

 

私も昨日は3人を見送ったあと、すぐ身支度をしてユネスコが参加した「子どものための平和展」の搬出に飛んでいきました。4時半集合になっていたので10分前に到着できた!と思ったのですが、もう会場はもぬけの殻でした。予定より早く片付いてしまったようです。今回はあまり貢献できませんでした。

 

そして今日は夕方6時から同じくユネスコの理事会があり、またたっぷり2時間余の会議をして8時半頃帰宅。週末の家族の時間を過ごしたあと、無職ながら私もまた活動のスタートです。映画会も来週に迫りました。今日会った方の提案で、明日からまた少し違ったアプローチを試みることになりました。

 

f:id:yonnbaba:20030504102402j:plain

母がまだ我が家にいた頃、遊びに来た孫(母にとってはひ孫)と。この小っちゃな子が背もすっかり大きくなって中2です!