よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

これが本当ならとっても嬉しい!アラお題だわ...

今週のお題特別編「嬉しかった言葉」
〈春のブログキャンペーン ファイナル〉

 

タイトルを打ち込んで、さて本文・・・と視線を動かすと、今週のお題が飛び込んできた。アララ、そのまんま。ではどうせなら乗っかりましょ、ということで。

 

ネットのニュースを読んでいて見つけた。嬉しい言葉。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

「日本が将来、戦争する国になるのではないか、徴兵制が復活するのではないかと本気で心配しています。でも、ママ友と政治的な話はしづらい。週刊誌に疑問に答えてくれる記事があると、美容院でも食い入るように読んでしまいます」

 これは上の記事中に出て来る、2人の男のお子さんを持つお母さんの言葉だ。今まで近頃の政治の危ない動きに、世の中の人たちは何も感じないのか、思考が停止しているんじゃないのかといらだっていたが、やっぱりちゃんと考えている人もいっぱいいるのだと、本当に嬉しかった。

 

安倍首相の「女性の力を活用する」という言葉に対しても、あくまでも女性は「(男性に)活用される」側なのかと、非常に鋭い切り込み方だ。

 

記事の締めくくりの言葉。

女性週刊誌に噴出する怒りのマグマを無視すれば、やがて地殻変動につながるかもしれない。

 

実に頼もしい。地殻変動、起こしたいですね。女性の力で。アメリカの大統領もついに女性になりそうだし、日本も女性パワーのマグマを吹きあげましょうか。

 

f:id:yonnbaba:20111225121504j:plain

柔らかな日差しを受けて・・・。

まだ目が見えていた頃、カーテンを分けて窓外を覗くオーガスト