よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

冷蔵庫にペンギンが!地球温暖化?

我が家の冷蔵庫に避難してきたのはこちらのペンギン

息子一家からのクリスマスプレゼント。冷蔵庫に入れるマスコットだ。Fridgeezoo(フリッジィーズー)と言うらしい。

朝冷蔵庫のドアを開けると「おはよう。元気?」と話しかけてくる。昼間開けると、「また会ったね。何食べるの?」「おさかな食べたいな〜」なんて言ってくる。ペンギンだもんね・・・。

長くドアを開けていると「早く締めてよ」と注意されてしまう。それでもまだ開けていると「なんか、暑くなってきたな〜」とイヤミを言われる。

エコ対策かもしれないけれど、声が聞きたくてドアを開ける回数が増えてしまうかもしれない。お子さんのいる家ならなおのことだろう。ま、ドアを早く締めないと注意してくれるのでいいけれど。

セットして初めて声を聞いたとき、可愛らしい見た目とちょっとギャップのある声でびっくりした。そのうち慣れるだろうか。関西弁のバージョンもあるようなので、この声(ちょっとだけおじさんぽい)ならいっそ関西弁のほうが合っていたかもしれないと思う。津軽弁バージョンもあるようなので、それも聞いてみたい!

それにしても、いろいろ面白いものを考え付くものだ。一人暮らしだとテレビに返事をする人もいるとは聞いたことがあるが、これから私は冷蔵庫に返事をする人になる。