よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

こんな寒い日は・・・

どこにも出かけず、家で猫たちとヌクヌクしてるのが一番だけれど、今日は二つも予定が入ってしまっていたので、やむをえず出かけた。

一つ目は更生保護女性会の支部会。今回は今年の最後の会だからかお昼を一緒に食べながらということで、校区内にある割烹料理の店に集まった。集合時間は11時半で、大半の人は少し早めに到着したが、開店が11時半らしくお店のドアの前に「準備中」の札が!みんな寒風の中震えながら待った。「ちょっとくらい早くてもこんなに寒い日なんだもの、入れてくれてもいいのにね〜」とか、「機転を利かさないともう次来ないよね」などとぼやきながら・・・。

やっとドアが開いて招じ入れられ、席に着く。掘りごたつ式で足元も暖かくなっていてほっとする。お食事の前にミーティング。会長は遅れて来て、いつもながら進め方もおっとり。途中で美味しそうな先付も運ばれてきたが、おあずけで話は続く。あとのスケジュールも控えていて食いしん坊の私は、どうでもいいことは端折ってもういただきましょうよと言う気分だ。

やっと次回の予定を決め、めでたくお食事開始。先付、蒸し物、揚げ物、煮物、どれもオリジナリティあふれる料理で味も薄味なのにとてもおいしく素晴らしい。お造りも新鮮でおいしい。6種類の料理のあと炊き込みご飯とお味噌汁、そしてデザート、抹茶で締めくくり。

最後のデザートは、私は時間が無くなって大急ぎで食べてちょっと残念だったけれども、料理の種類と量、味付けの良さ、器や盛り付けの美しさなど、どれも女性にはうれしい繊細なお料理で大満足だった。寒風に吹かれてぼやいた文句などすっかり忘れてしまう幸福感だった。

これで2160円はお値打ちだ。我が家から徒歩圏内でまた一軒良いお店が見つかった。もう開店してから5、6年になるらしいのだけれど、私はあまり行くことのない方向なので全く知らなかった。

お店のホームページはこちら→http://www.kappou-yuushun.com/


デザートとお抹茶を大急ぎでお腹に収めて、次の予定、ユネスコの集まりに。メンバーで1月2月の出前授業の打合せをして、そのあと4時からは年明け早々の出前授業先の学校で先生方と打合せだった。出前当日は暖房のない教室だけれど、今日の打合せは暖かい応接室なので助かった。出前当日が今日のように寒い日だったら、カイロでも入れていった方がいいかもしれない。今までは12月までに終了したが今年度は2月まで予定が入っている。2月の学校は、サムソーだ!



友人から送られてきた花。
今年はとりわけ世話になったから・・・とカードにあったけれど、
私の方がずうっと友人から喜びを貰っている。ありがたいこと。
「花か団子か迷った末、両方、と思い」とバームクーヘン付き。
さすが私のこともよく分かってらっしゃる・・・。