よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

民族衣装を着る

今日の国際交流サークル「コスモス」のテーマは「民族衣装を着る」。



バングラデシュの方が用事があって途中で帰ってしまったので、
みんなでああでもない、こうでもないと賑やかに着付け。



これはバングラデシュの方にみていただいたもの。
一枚の長い布をグルグル巻きつける・・・のが案外難しい。
びっしりのスパンコール刺繍で、重たいです。



この衣装を持って来てくれた方の結婚式に、お母様がお召しになったものだそう。



「似合う、似合う!」と大好評でした。ついでに顔も隠したい!



ブルカ着用の方もいます。



日本の着物が一番着付けが大変。時間がかかります。小物も多い。


いくつになっても女は装うのが好き。とっかえひっかえワイワイと楽しいひとときでした。今日は参加人員に比べ衣装の数が足りないので、全員での写真は撮れませんでした。