よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ロケ地豊橋市だって『ルーズヴェルト・ゲーム』

ストーリーは豊橋と何の関係もないのに、どうして豊橋でロケ?と思ったら、監督が『LEADERS』の監督さんで、前回いらしていたく気に入ったためとか。そういえば『LEADERS』の後編を録画したまま見てなかった。

と、思い出して『LEADERS』後編を見たらなんとロケ地に豊橋市だけでなく母校の名が・・・。ええっ、どこでどんな風に出てくるんだろうと興味津々で見ていると、終盤主人公の愛知佐一郎の葬儀の会場が母校の体育館だった。正面の舞台上部の真ん中にはバッチリ校章も映っていた。葬儀に列席している大勢の人もほとんど地元のエキストラだそうだ。

前編は何にも気づかずに見ていた。当然撮影時のロケもエキストラも全く知らなかった。モデルの企業がトヨタだから当然愛知県が舞台とは思ったけれど、まさか豊橋で撮影していたなんて!まあ、知っていたからと言って何が変わるでもないが。

『ルーズ・・・』でも野球の試合のシーンに母校の野球部が出演しているらしい。後輩たちのことも気に入ったのか?お隣の豊川ならこの春甲子園で決勝まで行ったけど・・・。ドラマの出来や視聴率がいま一つなのが残念。『半沢』くらい話題性があったら、地元のいい宣伝になったんだろうけれど。




最近豊橋市のプロモーションビデオも出来上がったようだ。こちらの監督は『ぼくらの七日間戦争』の菅原浩志さんだそうだ。この方には市制100周年記念の『早咲きの花』(2006年)も作っていただいている。


30秒バージョンです。よろしかったら見てください。