よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

「学校にお金払う=教育投資」とは言えない時代とちきりんさんも

いつものようにお気に入りのサイトを読んでいたら、ちょうどちきりんさんも『女性の貧困』の問題に関してエントリを書いていらした。

「学校にお金払う=教育投資」とは言えない時代
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/

私は若いときになぜもっと学んでおかなかったかととても後悔しているけれど、それは純粋に学問とか教養とか、とにかく知に対する渇望であって、有利な仕事のためではない。いま私が若くて、生涯働くのであれば、手に職の付く仕事がしたいと思う。(いやその前に、本当は獣医以外の動物と関わる仕事に憧れているけれど・・・)

仕事を辞めて時間リッチになった現在、あまりお金のかからない範囲で学ぶこともしているが、いかんせん新しいことを覚えるのに若い頃の何倍も大変な思いをする。学びたいという欲求があるのなら進学すればいいけれど、就職幻想は時代錯誤だろう。