読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

さわやか羽生結弦くん

ソチオリンピック日本初の金メダルを獲得した羽生君。演技も立派ならインタビューでの発言もあっぱれで、"心技体"という言葉を改めて思い出します。

彼が出演している洗剤のコマーシャルがあります。練習に明け暮れる日々、お母さんが洗濯してくれた練習着がいい匂いがして、お母さんへの感謝の気持ちが湧いたというような内容ですが、そのナレーションで羽生君は二度「母が・・・」と言っています。

30過ぎのいい大人でも「お母さんが」と言ってはばからないタレントも少なくありません。爽やかな笑顔に負けないくらい、話す内容も爽やかで謙虚で素晴らしい若者です。また一大フィーバーが起きそうですが、どうぞマスコミや周辺の大人の方々は、有為な若者を欲得まみれで潰さないようにしていただきたいものです。