よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

メダルは噛まないほうがいいです

日本オリンピック委員会から「メダルを噛むな」と指示が出て、ノルディック複合の渡部選手はカメラマンからその注文が出ても応じなかったそうです。かねてよりこの行為を苦々しく思っていたので「よくぞがんばってくれました」という気分です。

だいたい何の意味があってあのようなパフォーマンスが生まれたのやら(ネットで検索すると外国の選手がしたのをまねしたことからとか)。求めるほうも求めるほうだけれどなぜ選手の方々が応じるのか不思議でした。素直に注文に応じないと「生意気」とか叩かれる恐れがあるのでしょうか。

なんにしても、これで悪しき流行が収束することを願います。