よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

どうでもいいけど

どうでもいいことだけど、昨日から私の花粉症が開幕した。今年は通勤していないせいか、気候のせいか分からないが遅いスタートだ。今まではたいてい通勤途中の交番周辺のヨモギの群生の脇を通ることによって始まった。


昨日英会話のために行った教会の隣の駐車場の敷地に、ヨモギが数本だけれど盛大に花を咲かせているのに気付き思わず息を止めました。それでもやはり教会の中に入ってしばらくするとクシュン!と来ました。そしてまたしばらくすると今度は鼻水・・・。「今日は先生ご夫妻が勉強のあと昼食に招待してくださっているのに鼻ズルズルだったらどうしよう」とちょっと心配になりました。でも食事は2階の先生ご一家のプライベートのダイニングキッチンだったので、あまり花粉の影響がなかったらしく落ち着いて楽しむことができました。途中からはもうすっかり花粉症のことなど忘れて、先生や奥様との会話に夢中になっていました。

私が入ったクラスは去年の10月にスタートしていて、他のメンバーは去年のうちに昼食会が済んでいるそうで、今回は私ひとりが招かれました。ひとりだけなんてもし話が弾まなかったらどうしよう・・・とほんの少し不安でなくもなかったのですが、明るい性格で話題の豊富な先生なのでそんな心配は全く不要でした。


今日もちょっと用事があって出掛けたのですが、風も強くて花粉がかなり飛んでいたようです。くしゃみが何度も出て、途中から観念してマスクをかけました。やっと汗の心配をせずにお洒落が楽しめる季節になったと思ったら、今度はマスクです。なんとか軽く終わるといいのですが。