よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

みるくほおる橘に行きました

今日は午前が英会話、午後は更生保護女性の会の集まりでした。教会でのおしゃべりを早めに切り上げてさっさと家に帰り、昼食をとって市民館へ。ちょっと慌しいけど、今日は会議のあとお楽しみがあります。

前回の集まりの時メンバーの一人から提案があって、市内にある、フルーツたっぷりのパフェで評判の喫茶店にみんなで行こうということになっていたのです。今月から来月前半にかけてまた結構盛りだくさんに行事がありますが、みんな精力的に分担したり段取りをつけて、車に分乗して目指す「みるくほおる橘」に向かいました。

予約をしておいたので、店の一番奥の落ち着く場所に席が確保されていました。人数が多いため通路を挟んで二つに分かれてしまっていたのですが、通路なしにしてテーブルと椅子を移動させ13人がひとかたまりに座れるようにさせてもらいました。おばさん連強し!

店の方の手間を省くため全員クリームあんみつを注文しました。


(フォト蔵さんのサイトからお借りしました)
たくさんのフルーツの下にアイスクリームとあんこと
寒天がかくれています

これがそのクリームあんみつです。メニューの中で一番お値段が良くて、940円なりです。でもほんとにフルーツはたっぷりだし、クリームもあんこもおいしくて、お腹満腹こころもほっこり、大満足でした。