よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

エアプランツの花

去年の誕生日に息子一家からもらったエアプランツが蕾をつけているのを発見しました。雑誌などによく「水遣りのいらない植物エアプランツ」と紹介されていますが、去年一緒に届いた育て方の説明には「水は殆どいりませんが、月に1回はソーキング(水に8〜10時間ほど浸す)や月に2〜3回は霧吹き等で水をかけてください」とあります。霧吹きはあまりしませんが、気がつけばソーキングはしていました。でもたぶん月1回よりは少なかったように思います。それでもこんなにかわいい蕾をつけてくれました。どんな花が咲くかとっても楽しみです。無事に咲いたらまた写真をアップしましょう。


素敵な色、どんな花が咲くのかワクワク!


カピタータという名前です。


これは一緒に届いたガジュマル。もうひとつは残念ながら枯らしてしまいました。