よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

お墓参り

遅くなってしまいましたがお墓参りにいきました。墓地に隣接する公園も霊園の敷地も、先日の台風の風で飛ばされた大枝小枝が散乱していました。中には片腕をもがれたようにザックリと無残に傷口をさらす松の木もありました。はたしてこの松の木は生き続けることができるのでしょうか。心配です。

ゲゲゲの女房」の中に、水木しげるさんが墓地が好きで、やっと質から出した自転車で奥さんと二人でサイクリングに出掛け、安らぐ場所として奥さんを墓地に案内するというシーンがありましたが、私にとっても結構墓地はほっとする場所です。私が10歳の時3つ違いの兄が白血病で亡くなり、それから毎週のように両親と一緒にお墓参りに行きました。月日が経つにつれ少しずつ墓参の間隔は開いては行きましたが、それでも私にとって墓地はとても親しみ深い場所です。街なかにあったのが、お寺の都合で繁華街から少し離れた高台の大きな霊園の一角に引っ越してからは、四季折々の花が楽しめ、緑がいっぱいで光も風も心地よくますます気持ちの良い場所になりました。

帰り道、途中にあるスーパーの98円均一の焼きたてパンコーナーで、たくさんの種類の中からお昼用のパンを2個選び、サラダも買って、留守番の猫たちのために年寄り猫用のキャットフードを買いました。どうしても高齢猫用のフードの種類は少ないので、いつも家の近くのお店だと同じものばかりになってしまいます。だからなるべくたまにしか行けないスーパーで買い物する時は、そこで扱っている高齢猫用のものを買うようにしています。オーガストはいくら好きなものでも、しばらく続けると食べが悪くなります。飽きるのでしょう。贅沢だと言えば贅沢ですが、オーガストはほとんどキャットフードしか食べないので、せめてできる範囲で目先を変えてやりたいと思っています。

さて、豪華に2回もあった今月の3連休もこれで終わりです。先週は3日で終わりましたが、明日からはしっかり5日間働かなくてはなりません。しかも月末もあります。私を頼りにしている(?)さんばばのためにもがんばらなくては!!!

飽きるの・・・