読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

続、台風15号

朝身支度をしていると外のものすごい雨の音が聞こえてきました。ああ、やっぱり今日の出勤は大変だ。タクシー呼んでもものすごく時間がかかるだろうし、バスにすればバス停は近いけど、雨の時はバスは時間が当てにならないし・・・と憂鬱でした。警報が出ていると学校は休みになるけれど、会社は行かない訳にはいきません。

ところが幸運にも家を出る時には殆ど雨は落ちていませんでした。小止みのうちにできるだけ距離を稼がなくては、と小走りで駅に向かいます。途中私の母校の高校のグラウンド脇を通るのですが、そこで毛虫が歩道を横断しているのを見つけました。おそらくのほほんとくっついていた葉っぱかあるいは枝ごと風に飛ばされてしまったのでしょう。毛虫さんにしたら想定外の大災難だったことと思います。そして元の木に戻ろうと必死で這っていたのでしょう。かなりの距離をがんばって戻ったのでしょうが、運が悪ければ私に踏まれて一巻の終わりだったかもしれません。なんだか急に毛虫と言えども生きるって大変ね・・・と思ってしまいました。

帰り道の歩道は台風の風に飛ばされた葉っぱや枝が盛大に散り敷いていました。ぎんなんの実も大量に落ちていました。まだ落ちる準備はできていなかったでしょうに。沿線の緑地公園の木が倒れたためとかで、帰りの電車はまだ一部しか動いていませんでした。その倒れた木も生涯を終えることになってしまうのでしょうか。

会社では昼過ぎに停電になりました。すぐに復旧したと思うとまた切れ・・・を何回か繰り返し、3〜40分で完全に復旧しましたが、現代の会社は電気がないとまるで仕事になりません。電話も来ない、ファックスも来ない、パソコンが使えないと何もできない・・・。科学が進歩したなどと思っていても、本当に人間の力なんて小さなものだと思います。

台風はこれから東北の方に向かいます。どうか被災地に再びの被害が出ない様にと祈ります。