よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ハッピーマンデー

今日は今年三回目のハッピーマンデーの祝日、敬老の日ですね。でも猛烈な残暑で、お年寄りのためにもし戸外でのイベントなんてしてたら(しないか・・・)倒れそうな日差しの強さでした。私はギラギラの太陽にひるんで、この三連休は家の中でグズグズ過ごしました。

この夏アナログ放送終了でテレビを取り替えざるを得なくなり、そのため部屋の模様替えを余儀なくされ、それが意外とうまくいってリビングがすっきりしました。これが以前ブログにも書いたようにお盆の頃です。この連休中には大きなファックス電話機から可愛いコードレスホンになり、これがチェストの上に納まってしまったので電話台が不要になりました。模様替えというのは始めるとだんだん連鎖反応であちこちいじりたくなります。

という訳で、家の中には居ましたが、結構汗だくになっていらないものを整理したり、カーテンを取り替えたりなどしました。あとはもうずっと前から気になっているリビングの床。ウッドカーペットが傷んでいるし、夏用の竹を編んだカーペットの部分はドリームが爪とぎに愛用するのでへりや糸がひどい有様です。これをすっきりと新しいカーペットに取り替えたいのですが、これはさすがにもう少し汗をかかずにできそうな季節まで待とうと思います

ところで、このリビングのカーペットですが、ウッドカーペット、タイル式のコルクマット、一般的な繊維のカーペットなどでちょっと迷っています。本当はウッドカーペットが希望なのですが、ばば一人で敷くのは大変そうです。不要になって処分する時も簡単にはいきません。敷き込み、処分時を考えるとタイル式が良さそうですが、レビューを読むと湿気でサイズが結構変化するようで、隙間ができたり逆に盛り上がったりするようですし、傷みも激しそうで躊躇してしまいます。一度買ってしまうと簡単には取り替えられないものだけに悩みますね。慌てずにじっくり検討することにいたします。