よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

終活は始まりだった

NHKの「長寿大国ニホンの終活」を見ました・・・って、人生の終わり方を考えることの意義とそれによってより明るく前向きに生きている時間を捉えられるようになるということを書いたのですが、[保存]ボタンを押したとたん「エントリに失敗しました」とか出て、消えちゃった! うわ〜〜ん。

もう一度同じこと書く気力は、  なし。

ただどうしてもこれだけは書く。
番組最後のつぶやき電話募集のアシスタントの告知、「みなさん、たくさんお電話されてくださいね」!これは彼女のアドリブではなく多分台本に書かれていたセリフでしょう。書く人も書く人なら何も感じない現場も現場です。NHKさん、受信料値下げもいいけれど、これ以上内容を落とさないでくださいね。