よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

歯の定期健診

3ヵ月ごとの歯の定期健診の時期がめぐってきました。内科系の病気はよほど苦しくならないと病院に行かない私ですが、歯だけはもう20年近く定期健診を続けています。いくつかの歯医者さんを転々としました。始めのころは1年毎、中には半年毎とおっしゃる先生もいましたが、今のデンタルクリニックは3ヶ月毎に点検しましょうとおっしゃって、3ヶ月たつとお知らせの葉書が届きます。(その人のリスク程度によって間隔は違うらしい)

今の先生に見ていただくようになってもう7年になります。最初に見ていただいたときはかなりひどい状態だったと思います。気をつけてちゃんと定期健診を受けていたのに、お医者さんのほうがまだまだ治療診療がメインで、予防の指導はいまひとつという感じでした。今のクリニックが家の近くに新しく開院したとき、近くて便利だし、まるでお医者さんらしくないモダンさにも引かれ、行って見ました。

真っ白いインテリアに観葉植物、照明は間接照明で診察室も驚くほどすっきりシンプル。とても清潔でおしゃれで素敵なクリニックです。そしてそれ以上に感激したのは若い先生の優しさ、親切さ、丁寧な説明でした。すっかり信頼して、以来3ヶ月毎に診ていただいて、私のリスクの高い歯もまずまずいい状態で還暦を迎えることができました。この調子なら「はちまる、にいまる(80歳まで20本の歯を残す)」どころか、このまま29本(私は上の親知らずははえず、下は1本隣にもたれかかって悪い影響が出ているとのことで抜いたので32-3で29本)で最後まで食べ続けられるのではないかと思っています。

歯は食べ物の入り口で健康の基本。噛むことで脳も活性化されるそうですし、噛み締めることでがんばる力も湧きます。もっと早くこの先生と出会っていたら、もっといい状態の29本を残せたのにと残念ですが、せめて今の状態を長く保つように努力しようと思っています。