よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

猫のパンツを作ってみた

相変わらずドリームのお腹のただれは一進一退。塗り薬はすぐ舐めちゃうし、飲み薬は副作用が心配だし、ダイエットは簡単にできないし・・・。

で、思いついたのがお腹保護のパンツ!

作ってみました。まだ未完成品ですが、試しにドリームに履いてもらいました。う〜〜ん。もっと履きこみを深く作らないといけなかった、というかドリームのお尻が思った以上に大きかったので、ビキニパンツ状態になっちゃいました。本人(本猫)たいして気にするでもなく履いています。まあ、だいたいがおおざっぱな性格ですから。トイレのとき汚さずに出来るかな。ゴムの具合はどうかな。きついと苦しいだろうし、ゆるいとなにせくびれのない体型なのでずり落ちちゃうだろうし・・・、人間のよりうんと難しいですね。でも、これでお腹のただれが解消できるといいんだけど。。。