よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

テレビのために模様替え

明日やっと地デジ対応テレビが来ます。それで、今日は模様替えをしてその新しいテレビさんの鎮座なさる場所を作りました。かなり久々の模様替えです。以前は模様替えが好きで時々気分転換にしていたのですが、やはりひとり暮らしになってから、そうした情熱も消えていたようです。

ところで本日の模様替えは、何一つ捨てたわけではない(もちろんアナログテレビは明日電気屋さんに持って行ってもらいますが)のに、なんだかとってもスッキリして満足の出来です。やはり模様替えは気分転換になっていいものですね。汗にはなりましたが・・・。

お盆休みの第一日目は、かくして掃除(いろんなものを動かしたのでかなり徹底的に)、洗濯、模様替え、と充実のメニュー。先週、孫が買っただけで食べることなく冷凍庫に残されたソーダのアイスキャンディーを、良く働いたごほうびに失敬して食べました。おそらく次に孫が来る時はソーダアイスの季節ではなくなっているでしょうし。

ソーダアイスの薄いブルーの色は、駆け足で過ぎてしまった今年の夏の息子夫婦や孫との逢瀬をちょっぴり寂しく思う私の心の色のようで、優しい甘さがお腹に染みわたっていきました。