よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

テレビ時計のない朝です

朝の身支度に「テレビ時計」のない生活が始まりました。洗面所の時計はちゃんと正確に合わせておきましたが、やはり長い間の習慣は恐ろしいものでなんとなく今までと勝手が違い、家を出る頃はもう大慌てでした。

それと、「おはよう日本」の中の「まちかど情報室」というコーナーが好きだったのでこれが見られないのもちょっと残念。新しい商品やサービスを紹介してくれるのですが、結構魅力的な情報が多く、子どもたちや孫のプレゼントを選ぶ参考にもなりました。この夏重宝しているUSB&ソーラー電池式の携帯扇風機「ソーラーファン」もこのコーナーで知って購入しました。ひもで首から下げて使えるちっちゃな扇風機で、60歳といえども人目が気になってさすがに首にぶら下げることは出来ませんけれど、駅について汗が噴き出すところで扇子パタパタのかわりにこれを回すとそりゃあラクチンで涼しさも数倍違います。会社につけばUSBにつないでスタンド式にしてデスクの上で回せるので、節電でエアコンの設定温度高めのオフィスでもひとりだけクールに仕事に励めます。って、うちのオフィスは結構涼しいので暑がってるのは超暑がりの私くらいですが。

ニュースというものはなぜか悪いニュースが断然多く、良いニュースはその半分の半分もないように感じます。これまで何度となく、ニュースを知るのが辛いからテレビも新聞もやめようか、と思ったくらいなので、これからしばらく精神衛生面では好ましい期間になるかも知れません。インターネットは意識的に知ろうとしなければ情報は入ってきませんから。(新聞は大分前から購読をやめています)でも、テレビが勝手に垂れ流してくるのを見るともなく見ていて、はからずも得ることが出来た知識、情報っていうものもいっぱいあって、それもまたなかなか貴重なものなんですよね。メディアそれぞれに一長一短。要は主体的に向き合うこと・・・かな。

さて、明日は余裕をもって出掛けられるようにしましょう。


主体的にゴロゴロ・・・