よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

社会のこと

サッパリとした頭の外側と、ぐちゃぐちゃの内側

10日・14日・18日。父・兄・母の月命日のいずれかに墓参するようにしているのだけれど、今月はなにやかやと用事に紛れて母の命日も過ぎてしまった。でも、考えようによっては、彼岸には親戚の誰かが来てくれるやもしれず、だとすればお花は丁度良いつなぎに…

国と国も、異文化交流した方が楽しいのにね

二か月近い夏休みのあと、先週はまだ体調に不安があって休んでしまったため、実に久し振りの国際協力コスモス会への出席となった。今日はバングラデシュのSさんの協力で、「サリーを着る会」だった。 まずは勢ぞろいした美女の面々をご覧あれ。 順番待ちし…

松茸ご飯で秋をいただく

午前中は民生委員の仕事で、敬老祝い品を受け取りに校区市民館へ。うちの小学校区は9つの地区に分かれていて9人の民生員がいるのだけれど、校区内で100歳以上のお祝いを受ける対象者は3人だった。私の担当区域には100歳以上の方はいなかったけれども、豊…

友人の「草カフェ」で県会議員さんと話す

私の「よんばばんち」と同じように自宅を開放して、暮らしの中の政治の話をする「草カフェ」という場を提供している友人の所に行ってきた。去年の秋から始めて、この何回かは市議会議員を招いて開催していたが、今日は県会議員を招いての第一回(とは言って…

マネキンフラッシュモブの真似事やら・・・

金曜日は夏休みを終えて約二か月ぶりの国際協力コスモス会だったのに、休んでしまった。まだお腹が本調子になっていないところにもってきて、休み明け最初の集まりはポトラックパーティーなのだ。本来なら国際色豊かな様々なものが食べられて楽しい日なのだ…

全編が宝石のように美しい『阿弥陀堂だより』

アマゾンプライムで『阿弥陀堂だより』を見た。映像といい物語といい、「美しい!」の一言だ。(注文の際に間違ってプライム契約をしてしまったらしい。せっかくなので大いに利用中) もちろん、この「美しい」に素直な賞賛でなく、揶揄を込める人もいるに違…

この国の在り方を根本から問う『日航123便墜落の新事実』

今年の7月30日に出版されて、昨日私の手元に届いたものは、すでに四刷となっている。著者は元日本航空客室乗務員の青山透子という方だ。2010年には『天空の星たちへ―日航123便 あの日の記憶』という本も出してみえる。 事故で犠牲になった客室乗務員は著者の…

職業に貴賎なしと言うけれど

今日のTBS「報道特集」で、「障害のある受刑者~再犯を防ぐために 」というテーマを取り上げていた。いま刑務所に新たに収容される受刑者は減少傾向だけれど、知的障碍や精神病を抱える精神疾患のある受刑者は増え続けているのだそうだ(これも地域の繋がり…

軽いセルフネグレクトの解消法

今朝のテレビ番組で「セルフネグレクト」ということを取り上げていました。家の中を片付けられなくなったり、食事がいい加減になったりするようです。もちろんうつ病とかADHDといった病気や障碍が原因の場合もあるようです。 番組に出ていた女性タレント…

3年ぶりの、大きい子たちの託児室保育

春に、上のお子さんの入園式や入学式参列のために、下のお子さんを預かった時以来のファミリサポート援助活動の日だった。このところもっぱら私が近くの利用者さんのおうちに出かけて保育園の送迎とか、我が家でお預かりする形だったが、今回は久々の社会福…

「ベーシックインカムってなんじゃらほい?」ってのに参加した

フェイスブックのイベント情報にあった、標題の勉強会に行ってみた。ベーシックインカムについては、8年前に『ベーシックインカム入門』という本を読んでから関心を持ち、賛成論も反対論も目にしてきた。どんな人たちが集まり、どんな議論が交わされるのだ…

弁護士さんに共謀罪の具体的対策を伺う

豊橋スタンディング+(プラス)の企画で、「共謀罪 恐い?恐くない? 弁護士囲んでQ&A」という会を持った。19時開始という設定だったので、夕方6時過ぎに駅前を通ると、3人の仲間がスタンディングをしていた。「終わってから参加?」と聞くとそうだとの…

「鈴木明子さん講演会」豊橋出身の有名人と無名人の活動

昨日はいきいきフェスタ2017(豊橋市社会福祉大会)だった。民生委員には招待状も来るし、所属している部会によっては当日のお手伝いもある。私は手伝いをする部会ではないが、他の委員と一緒に参加した。 10時に始まって、長年の福祉活動によって市や社協か…

ナイトズー体験

誘われて(出不精の私は「誘われて」ばかりだとつくづく思う。自分から誘うことはめったにない)、昨日「豊橋のんほいパーク」のナイトズーに出かけた。動物園を訪れるのは何年ぶりだろう。20年くらいは出かけていない気がする。ましてナイトズーは初体験だ…

豊川海軍工廠を舞台の小説『ハイネさん』出版記念イベント参加

昨日は友人に誘われ、隣の豊川市の桜ヶ丘ミュージアムという所に出かけた。友人の友人が豊川海軍工廠にまつわる小説を出版し、その出版記念イベントがあるという。 昨日のイベントを紹介した地元紙の記事 地図上で空爆を追体験 | 東日新聞 著者住田真理子さ…

前回は長居の新記録、今回は追い出され?ました

去年の秋にランチを一緒にした私の若い友人2人。 yonnbaba.hatenablog.com 数日前にそのうちの一人から連絡があり、お店や日時を設定してくれて、今日は9か月ぶりとなるランチ会だった。前回は夜は営業せず、昼間のメニューが5時までというお店だったため…

台風接近中、そして「閉会中審査に稲田氏を呼んで!運動」

横殴りの雨が降っている。現在だいぶ台風5号が愛知県に接近中のようだ。今日は夕方からドキュメンタリー映画『抗い』の上映会があるのだけれど、この天候では観客も少なくなってしまいそうだ。私も出かけるつもりだったのだけれど、ちょっと迷っている。ま…

金曜スタンディングやら狭山カフェやら

今週は、私にしては結構盛りだくさんな予定をこなした。名古屋の美術館に行った翌日は、「前川さん・望月さん・詩織さんに応援葉書を送ろう」の第二次集約のために街頭に立った。 (投函する女性の後ろで前川さんの看板を持っているのが私、って見えないけど…

7月が終わる、「よんばばんち」も1年終了

昨日は7月最後の日曜日で、「よんばばんち」の日だった。参加者はひとり。かろうじてお流れにならず開催できた。これで十二回目。なんとか一年間の「住み開き」を続けることができ、やれやれ一区切りという気分だ。二年目をどうするかは、しばらく考えよう…

ドキュメンタリー映画『選挙が生まれる 長野と群馬の挑戦』上映会

今年愛知15区(豊橋・田原)に誕生した野党共闘を進める団体「政治を変える市民アクション@15」の主催で、映画の上映会を行った。作品は震災後ずっと、福島をテーマにドキュメンタリー映画を撮っていらした湯本雅典さんの『選挙が生まれる』。 去年の参院選…

暑中お見舞い申し上げます

金曜日。スタンディングに行こうと思っていた。5時半に家を出れば間に合うから、その頃ならなんとか暑さも少しは・・・と期待していた。でも、5時を過ぎても強烈な西日がベランダの簾をものともせず差し込んで来ていて、ひるんでしまった・・・。 結果的には、6…

考えさせられる『新・日米安保論』

まず、カバー裏の内容紹介文を引用する。 冷戦終結後四半世紀。以来、国際情勢の変化にもかかわらず日米の安全保障体制は維持されてきた。しかし「今後も守って欲しければさらなる負担を」と訴えるトランプ政権の登場で、日本はアメリカとの安全保障体制の在…

祇園祭の日の駅頭でスタンディング

豊橋は祇園祭が開幕した。今日は先週ご紹介した「手筒花火」打ち上げの日。夕方6時の私たちのスタンディングの時刻はその花火見物に行くのであろう人々で、駅前はいつもの週末以上に賑やかだった。通路を行く数人の華やかな浴衣姿の若い女の子たちの中の一…

血は水より濃い?

このところの蓮舫氏の国籍問題について、ハフィントンポストに興味深い記事があった。 www.huffingtonpost.jp 以前にも私は、このサイトの記事から里子のことを書いている。アメリカでは肌の色さえ違う子を平気で里子にし、社会もそれを当然のように受け入れ…

『知らなかった、ぼくらの戦争』アーサー・ビナード編著

以前ユネスコで平和学習の出前授業をしていた頃、戦争体験の語り部がだんだん高齢になって、体調を崩されたり、滑舌や話の内容に問題が生じたりするようになるのを目の当たりにして、きちんと録画して残すなどしないといけないと強く感じた。 広島では被爆体…

夏休み前最後のコスモス会と久々のスタンディング

国際協力コスモス会、今日はクラフト教室でポプリを作った。出来上がりを見ると簡単そうだが、ちゃんと袋状に開くように編むのは、理屈が分かるまではちょっと悩む。こういうのを最初に考えつく人はすごいと思う。 中には乾燥させたローズマリーを入れる。コ…

いつまで鎖国をしているの?

水は低きに流れ、私は易きに流れる。5年前の夏は、どんなに暑くても毎日仕事に出かけていたのに、もう窓の外の強烈な日差しを見ると気持ちが萎えて、なんだかんだと出かけられない理由を探し、延ばせる用事は一日延ばしにしてしまう。 気にかかっていること…

苦しい読書とつのるばかりの不信感

先日のじじばばの会の「応援葉書を送ろう」の活動の時に、メンバーの一人から本を分けてもらった。望月衣塑子さんの著書『武器輸出と日本企業』というものだ。望月さんを応援するために何冊かまとめて購入し、周囲の人に薦めているとのこと。今は本もあまり…

飲む点滴で暑さに打ち勝て・・・るか? 【肝心なことを追記】

7月は「社会を明るくする運動」月間。ニュースに映る政治家たちが胸元に付けている黄色い羽根はそれを表すらしいが、あの羽根はいつから始まったのだろう。少なくとも私が更生保護女性会の委員だった数年前にはまだなかったように思う。私は今年初めて目に…

七夕の宵、星に願いを・・・

七夕の今日、特大の短冊をぶら下げて、発足したばかりの「じじばばの会」の「応援葉書を送ろう!」の活動を行った。風が強かったので、のぼり旗ほどの大きさの短冊は終始激しくあおられて持っているのも大変で、残念ながら写真はない。願い事は「美しい日本…