よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

暮らし

人生の幸運使い果たしたかも・・・福引一等!

くじ運の良い人というのは実際いるものだ。反対に、悪い人もいるもので、私はその悪い人、だった。人生六十云年、ずっと。 10月の第二週末は毎年わが団地のささやかな祭りで、形ばかりだけれど子供たちのために神輿を出し、福引や餅投げをする。引っ越してき…

やっと鑑賞『ボブという名の猫』と大型店のオープン

都会に住んでいらっしゃる方々から見れば何を今頃と思われることだろうが、やっと『ボブという名の猫』を観ることができた。 この作品はどうしても見たいと思い、浜松まで見に行くつもりで公開日などを調べる中で、同時期に豊橋のユナイテッドシネマでも上映…

姉が急性の脊髄炎で入院

私と同じく、お産の時しか入院というものをしたことのない姉が入院した。死ぬかと思ったというほどの背中や腰の痛みで、あちこち受診するも原因も病名もわからず、北里大学病院で先月MRIを受けた。 そろそろ結果も出ているはずと昨夜電話をしたのだけれど…

治療のはしごと公示日のスタンディング

昨日寝る前の歯磨きをしていたら、上の前歯のすみがポロリと欠けてしまった。特別力を入れていたわけではない。ごく優しくブラッシングしていただけなので、すでに限界までダメージを受けていたということだろう(私はどうも寝ているときに歯を食いしばって…

インドネシア料理 ソトアヤムを習う

私が以前所属していた豊橋ユネスコ協会主催の国際交流の料理教室に、お誘いを受けて参加した。料理を指導するのは、コスモス会のメンバーであるインドネシア人のKさんとMさんの2人というご縁もある。Kさんはまだ日本に来てから日が浅く日本語がほとんど…

『この声をきみに』で味わう群読の魅力

全8回で、もう半分まで来てしまったが、NHK金曜夜10時のドラマ『この声をきみに』に魅せられている。 物語は、竹野内豊さん演じる大学の数学講師が、あまりにも数学に夢中すぎて、妻(ミムラ)に愛想をつかされ、ある日突然子供たちを連れて出ていかれる。け…

パソコンとスマホで固定費はいくらくらいなんだろう?

「セットでだんぜんお得、auスマートバリュー」という大きなチラシがポストに入っていた。我が家のインターネットはauひかりで、スマートフォンはYmobileだ。パソコンはもうすぐ4年、スマホはもうすぐ3年になる。現在は両方合わせて1万円弱の料金を払っ…

森絵都著『みかづき』はきわめて政治的な物語と読めた

これは、昭和36年の千葉県のとある小学校の用務員室に始まり、その用務員の孫が始めた、貧困家庭の子供を対象に無料で学習の援助をするNPOの話で終わる、およそ半世紀にわたる、教育にかかわるある家族の物語だ。 用務員の大島吾郎は、ある日学習について…

4年ぶりの赤い羽根街頭募金体験

10月の1日、2日、3日と各地区の民生委員が分担して、豊橋駅前で赤い羽根の街頭募金を行った。最終日の今日の最後のワク(14:00~16:00)が担当になっていて、うちの地区から6人が参加、3人ずつ2か所に分かれて募金に立った。 いまやどこの地方都市も同じだ…

水の話でいただいた、皆様からのコメントに感謝

昨日のエントリを書くときには忘れていて、私がずっと水は水道水でいいと考えていたように書いたが、実は子供たちが家にいた頃はハーレーという浄水器を使っていたのだった。 カートリッジ交換型でないことや、何かに発表された浄水器の性能テストの結果が割…

みんな悩んでます!

自分自身がどうすれば良いか分からないのに、道行く人に何を訴える?と迷いながらも、とりあえず仲間たちに会おうとスタンディングに出かけた。 やはり誰もが困惑している。近くで街頭演説をしている、共産党の立候補予定者の声が聞こえてきていた。野党共闘…

百合子さんに市民連合もてんやわんや

「希望の党」と「民進党」が合流するとか。たった今、スマホの画面には「前原誠司代表が無所属で出馬へ」というニュースが表示された。 先週私たち野党共闘を推進する市民団体では、野党共闘要請文書を4野党の中央組織と、選挙区の支部とに届けた。今週は民…

林先生効果とマッサージ効果を体感中

昨日のエントリはアクセス数が500を超えた。普段はだいたい200前後、少ない時には150に届かない時もあるくらいだから、私のブログでは突出した数字だ。「聡明な人間の素晴らしさ」というタイトルだったら、おそらく通常通りだったのではないかと思う。 マネ…

林先生に学ぶ、聡明な人間の素晴らしさ

何気なく見た昨夜のテレビ番組『林先生が驚く初耳学』が素晴らしかった。 林先生は、灘中学校などが採択した歴史教科書に対して、卒業生を中心に非難や脅しのようなメール・手紙が殺到した事件を取り上げ、それらに声を荒げることなく静かに反論の文書を公開…

「よんばばんち」にサプライズな参加者!

9月の最終日曜日、「住み開き よんばばんち」の日だ。今回はなんと名古屋からwattoさん(id:watto)が参加してくださった。いつもブログで知り合った方と実際にお会いする時には嬉しいと同時にかなり緊張する。今回も思いがけないお問合せに、嬉しいやらド…

スマホ復活、私の健康体も復活なるか?

3年前までは携帯電話などなくても何の痛痒もなく暮らしていたのに、持ってしまえばなくてはいられず、昨日はショップの開くのを待ちかねて飛んで行った。けれどもついていない時はついていないもので、休業していた(当市では商店の休業は水曜日が多い)。 …

スマホにへそを曲げられた

初めての携帯電話としてスマートフォンを持ってから、あと2か月で3年になる。いままで大したトラブルもなく来たのだけれど、今日突然ストライキに入られてしまった。 いや、突然ではないのかも知れない。昨日スマホで撮った写真をパソコンに送ろうとしたの…

サッパリとした頭の外側と、ぐちゃぐちゃの内側

10日・14日・18日。父・兄・母の月命日のいずれかに墓参するようにしているのだけれど、今月はなにやかやと用事に紛れて母の命日も過ぎてしまった。でも、考えようによっては、彼岸には親戚の誰かが来てくれるやもしれず、だとすればお花は丁度良いつなぎに…

ペッパー君との交際はまだ難しいかな

昨日は地区の中学校の文化祭で、役目柄ご招待をいただいたので参加した。この中学校はどうも雨の神様に魅入られているようで(いや、もしかしたら「私が」雨女ということもある)、春の体育祭も雨にたたられたが、今回もまた台風の影響で雨模様だった。 生徒…

「いただく」は好きだけど「くださる」は嫌ですか?

あるときから、あげ足取りはなるべく避けようと思ったので、このところ「ことば」カテゴリーの話題はあまり書かないようにしているのだけれど、久々に書く。 夕方のニュースで、若狭勝衆議院議員の主宰する政治塾の開講を伝えていた。その中で若狭氏の挨拶し…

国と国も、異文化交流した方が楽しいのにね

二か月近い夏休みのあと、先週はまだ体調に不安があって休んでしまったため、実に久し振りの国際協力コスモス会への出席となった。今日はバングラデシュのSさんの協力で、「サリーを着る会」だった。 まずは勢ぞろいした美女の面々をご覧あれ。 順番待ちし…

松茸ご飯で秋をいただく

午前中は民生委員の仕事で、敬老祝い品を受け取りに校区市民館へ。うちの小学校区は9つの地区に分かれていて9人の民生員がいるのだけれど、校区内で100歳以上のお祝いを受ける対象者は3人だった。私の担当区域には100歳以上の方はいなかったけれども、豊…

友人の「草カフェ」で県会議員さんと話す

私の「よんばばんち」と同じように自宅を開放して、暮らしの中の政治の話をする「草カフェ」という場を提供している友人の所に行ってきた。去年の秋から始めて、この何回かは市議会議員を招いて開催していたが、今日は県会議員を招いての第一回(とは言って…

マネキンフラッシュモブの真似事やら・・・

金曜日は夏休みを終えて約二か月ぶりの国際協力コスモス会だったのに、休んでしまった。まだお腹が本調子になっていないところにもってきて、休み明け最初の集まりはポトラックパーティーなのだ。本来なら国際色豊かな様々なものが食べられて楽しい日なのだ…

全編が宝石のように美しい『阿弥陀堂だより』

アマゾンプライムで『阿弥陀堂だより』を見た。映像といい物語といい、「美しい!」の一言だ。(注文の際に間違ってプライム契約をしてしまったらしい。せっかくなので大いに利用中) もちろん、この「美しい」に素直な賞賛でなく、揶揄を込める人もいるに違…

不思議や不思議

親知らずを抜いてからのこの一週間、ずっと体調不良だった。熱っぽく(でも検温すると熱はない)頭は重く体はだるい。そして普段安全速度の定期運行のものが、この一週間は不定期超特急運行だ。シャワートイレに直していて良かった(びろうな話ですみません…

職業に貴賎なしと言うけれど

今日のTBS「報道特集」で、「障害のある受刑者~再犯を防ぐために 」というテーマを取り上げていた。いま刑務所に新たに収容される受刑者は減少傾向だけれど、知的障碍や精神病を抱える精神疾患のある受刑者は増え続けているのだそうだ(これも地域の繋がり…

泣きっ面に蜂

どっちが泣きっ面で、どっちが蜂か・・・。この2、3日少々風邪気味だった。大した不調ではないし、予約も入れていたのでおととい親知らずを抜いた。抜歯そのものは数分で簡単に終わったのだけれど、麻酔が切れたあとの痛みが結構辛い。おまけに昨日の夕方から…

最後の親知らずを抜いた

4本の親知らずのうち、右下の1本だけがまだ残っていた。この1本のために、右下奥は狭苦しくて歯磨きがとてもしにくく、抜いてしまっても・・・と思ったのだが、先生は「役立つ時があるかも知れないので、虫歯になるとか、隣に悪影響がない限りなるべく残して…

こわいほど忘れる!

我が家にはもう15年以上になるスパティフィラムの鉢があるのだが、以前、黄ばんできた葉を取り除く手入れをしているときにうっかり小さな株ごと抜いてしまい、可哀そうで空いている鉢に植えた。その小さな鉢もすでに何年かになる。 先週その鉢に小さな蕾を見…